Migのブログ

主にFF14についての記事を書きます

【FF14】パッチ4.2赤魔道士、召喚士、黒魔道士最終装備(キャスター)

連続投稿です。今回は俺tools様の装備シミュレータを使用してキャスター陣の最終装備の詳細を解説したいと思います。

https://ffxiv.es.exdreams.net/index_smp.html#

 

赤魔道士、召喚士

https://goo.gl/RAQjnL

 

赤魔道士と召喚士は重要視するサブステが同じなことやダイヤ武器のサブステも全く同じなので最終装備も同じになります。

 

スペルスピードが極端に低いことが気になる方もいらっしゃると思いますが赤魔道士は素の詠唱が早いことや、連続魔での無詠唱での魔法発動があることを加味するとSSはほとんど積まなくて問題ありません。また近接コンボ中はGCDが1.25秒ほどになるのであまりSSを盛りすぎるとコンボの間にアビリティを挟むとGCDが噛んでしまい、結果としてDPSが減少してしまいます。

 

召喚士はGCD間に挟むアビリティが他のキャスターより多いことがありSSを積みすぎるとGCDにアビリティを2個挟む状況だとGCDに食い込んでしまい結果としてDPSが落ちることがほとんどです。ルインラやトランスバハムート状態での無詠唱ルインガもあるのでSSは低くても問題はないです。

 

黒魔道士

その1 SS特化型 https://goo.gl/15LaKs

その2 クリ特化型 https://goo.gl/vu8XQ7

 

黒魔道士は最強装備候補が2種類あります。

 

シナジーを加味しない場合はSS特化の方がDPSは上がり、クリティカルのシナジーを加味する場合はクリ特化型の方がDPSが上がります。

 

ちなみに4.1の最終装備は赤と召も使用する場合はマテリジャが違う部位がありましたが今回の最終装備はクリ特化型ならマテリジャを嵌め直す必要がないこともプラス要因です。

 

 

4.2キャスター最終装備考察でした。

ちなみに虚構指はクリDH、ダイヤ指は意志SSの為、基本性能を差し置いてもしかしたら赤と召喚はダイヤの代わりに未強化虚構指が食い込んでくるかもしれません。